スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

意見の食い違い。

Category : *franc'mama*
昨夜の私と彼との フランについての お互いの考え方 感じ方の違い。

14日手術で 術後1時間半後に フランの様子を見に行き・・・・
15日 午後 フランに逢いに行き。

彼の思い。

-----------------------------------------
今日の記事は 私の今の思いです。
なので 見て下さっている方で
不快に思われる方も 考え方が違うと思われるかもしれません。

なので・・・・
私の考え方が 違うのでは?って思って下さった方。

是非 ご意見をお聞かせ頂けたら幸いです。
-------------------------------------------

入院当日も 翌日も 食事を一切していない。
お水も飲んでいない・・・・・
排尿もなし・・・・(微量はあったみたいだけど)
排便もなし・・・・

喉がかれて 吠えることも出来ない状態をみてしまった彼。

術後で エリザベスカラーも 装着しているので そんな経験なんて
当然なかったので お水を飲むのも上手に出来なかったのだと思います。

術後 痛みもあるし・・・・
ましてや・・・・
家族と離れて 痛みと不安と戦っているフラン。
人間だって 大変な手術をした当日、翌日なんて 痛みに耐えることが一番で
食欲なんてないだろうし・・・・
吠え続けて 喉はカラカラだったかもしれないけれど まだ上手く飲めるコツを掴んでいなかったのだと思います。

それよりも フランにとっては お水、食欲よりも 不安な気持ちの方が強くて
一生懸命頑張っていたんだと思うのに。

フランが入院した翌日の15日。
フランに会いに行った後の彼・・・・・・
食事も喉を通らない状態。

夜23時頃になって いきなり滅多に自分から話したりしない彼が ボソボソと・・・・

「明日 フランを連れて帰る・・・・」
「このままだと フランは死んでしまう・・・」

何だ?突然(?-o-)(?+_+)

私も かなり疲れていたし・・・・
彼は 入院当日 高速に乗って 往復約3時間の距離を 2往復し
翌日も また一緒に行ってくれて・・・・
仕事もある中で ましてやメタボな彼。
私以上に かなり疲れもあったのだとは思うのですが。

エリザベスカラーを付けた状態で 
ケージの隅に置いているお水を飲めるわけがない・・・・・
っと 実演説明を始める彼。

思いこんだら 一切他人の意見を聞かない彼。

「フランは 頑固だから 水なんて一切今後も飲まないし・・・・
 あの状況では 飲めない!!!」っと 断言する彼。

だから どうしたんよ・・・・。

彼曰く 「フランの事が気になって仕方がない・・・」
って 涙目で 喧嘩腰に私に自分の考えを言ってくる。

最後には「殺される」とまで 言い放った( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!彼。

彼の中では お家でないと水も飲まないし ご飯も食べないと 決めつけてる。

確かに 家に居るときから 偏食で 好き放題させていたのは 彼。
そして それを 黙認していたのも私。

彼「フランの病気なんかは 二の次じゃ。」
 「フランが健康でないと」

(▼▼メ)ナンダトォ

どんな思いで 今回の手術を決めたと思ってるの?
何よりも 一番優先するのが 今回の手術と フランが普通のワンコと同じようになれる事じゃないの??????

1週間 ご飯食べなかったとしても 死んだりしないし・・・・・。
昨日今日は お水も飲めていないかもしれないけど 今後も飲まないってことは ありえない。

でも彼は 絶対に飲まないと断言するのです。

フランが 「私は家族に会えないから・・・家族以外の人からは ご飯もお水も頂くことは出来ません!!!」って
自ら自殺行為をするっていう事?

フランはかなり強情なので ギリギリまで我慢はするかもしれないけれど・・・・
でも 喉が渇いたら きっと限界まできたらお水も飲むだろうし・・・・・

エリザベスカラー 付けていて うまく飲めなくて・・・・
もし ひっくり返して飲めなかったとしたら・・・・・。

そこは 病院なんだよ?
病院が 放っておくわけないでしょ?

やっと 手術を決断出来る 先生に出会ったのに。

彼の事よりも 今 私は執刀して下さる先生の事を 信頼してる。




手術そのもの自体 大反対だった彼。
避妊も未だに反対で・・・・・・・。

でもその彼の気持ちも知っていたし・・・・
いずれは 手術って ずっと気にしてきたけど 踏み切れなかった私がいて。

私の中では もう限界だったし 何よりフランが辛いというのが見ていてわかるので
決めた事なのに。

最終的には 彼の意見は聞かず 手術日も決めてしまって・・・・。

聞けば反対するだろうし・・・・・。

その前に どんなにお願いしても 一緒には 病院には行ってくれなかったし。

そんなんだから フランにナメられるのよ。

一生懸命 フランの気持ち フランの立場になっている彼。


わかるけど・・・・・・。


今回だけは譲れない。

安静って言われているのに 連れてかえるなんて 絶対に出来ない。


まだ 1ヶ月後 もう1回 手術があるのに・・・・

そんなんで どうするの?

「もうしない!!!!」って彼。



はああぁ????????????????????????


反対するなら 手術する前に 言ってよね。


今回 手術をする事を決めるまでに・・・・

地元の病院で 評判のいい病院には 殆ど相談したと思います。

でも 今すぐ 必要な訳でもなく・・・・

飼い主さんがどうしても 気になるようでしたら・・・・って結果で・・・・

そして 彼は猛反対だったので 彼の意見を尊重するような振りをして 
私も決断出来ずにいました。 

結局 私が決断できなかったので 彼のせいでも 最後まで 病院を探しきれなかった私の責任なんです。

普段 ロビンとカノンが かかっている病院で 今までも何度か ロビンとカノンを診察して頂くついでに ちょこっと相談はしていたのですが・・・・
昨年末 また いつものように ついでに(?)相談したら・・・・

「地元でこの手術を出来る病院は ないと思います。」って・・・・・

先生も 動物病院の先生じゃないの????
っと内心思いながら・・・・・・

ここの病院が 技術もあって いいと思いますって 紹介状を書いて頂いたのです。

フランの症状に気付いてから どこの病院も触診だけで
レントゲンすらも撮って頂けなかった。

その日初めてレントゲンを撮ってくれて・・・・

それを見た先生の診断結果だったのです。

手術を決めてから 後悔ばかりの毎日を過ごしていたのに。

まさか 彼が違う思いだったなんて。


すごくショックでした。


昨夜の彼の思いを聞いてしまい。

そして 私を非情な飼い主で フランの事は一切考えていなくて
自分のエゴで手術を決めたようないい方に もの凄く 悲しくなりました。

本当は 内心 「あんたがずっと反対していたから こんなに辛い手術になったのよ」って
思ってました。

でも それでも 他の事なら 強行で自分の意見を貫く私が
今回の件では決断出来なかったのは 私のせいだと思い続けていたのに。

非情な飼い主のようないい方をされて・・・・

絶対に口にしてはいけないと思っていたのに。

「アンタが 今まで反対したから こんなに大変な手術になったんやろ」
「私はアンタのせいだと思ってる」って 言ってしまったのです。

しまった・・・・・っと 口にしてはいけないし
彼のせいではないことも分かっていたので 
どんな事があっても 今まで決断出来なかったのは 今までの病院のせいでも
彼のせいでもなく 一番一緒に長くいる私の責任だって 謝ったのですが。


なんで こんな時に こんな悲しい時に 言い争いになるのか・・・
本当に 悲しいです。














        

Comment

うまく言えないけど。。。
落ち着いて!
そんなフランちゃんの姿を見たら私だって
「連れて帰る」って思っちゃう!!
でも、フランママの言う様に
そこは、フランちゃんの足を治してくれる先生なんだから
今、家に連れて帰って。。。
フランちゃんはもっと辛い思いをするはずだよね。
パパもフランママも、今は、精神的にいっぱいいっぱいなんだよね。
そんな時、相手に優しい気持ちで接せ無いよね。
だから、喧嘩になってしまう
どうか、そんなときだからこそ落ち着いて~!深呼吸してから話をしよう。。。
フランママの意見は正しいと思います。

フランママさんのお気持ちは間違ってないですよ。
でも、旦那さんのお気持ちも良くわかります。

慎重に考えた末の結果、手術の必要があったのですよね。
好きで可愛い子に手術をさせる飼い主なんていませんもの・・・
フランママさんも辛い決断をされたのだと思います。

またまた、うちの話と比べますが。。。
うちの場合は病院もすぐ近所ですし、チャ目は食欲だけはガツガツあったので
今のフランちゃんと比にならないものでした。
それでも面会に行って帰る時に、看護士さんに抱っこされたチャ目が
両前足で私の腕をつかみ、全身の力を振り絞って泣き叫ぶ姿を見た時は
このまま連れて帰りたいと毎回思いました。

フランちゃん、お水を飲んでないのは心配ですね。
でも、病院ですから対処はして頂けるだろうと思いますよ。

フランママさんも旦那さんも大変辛いお気持ちでいらっしゃるのですね・・・
追い詰められたお気持ちがついつい口がすぎてしまうんですよね。

私などが偉そうに言えるものではありませんが、フランちゃんが退院される時には
仲良しパパママさんに戻ってくださいね・・・

長々とすいません。

かわいい我が子がぐったりしてるのを見てしまったら、、、
連れて帰りたい!って思いますよ。
ただ、連れて帰って安静には出来ないから(無理矢理連れて帰って失敗した経験あり・・・)
お二人のどちらの意見もわかります。
エリザベスカラーを初めてしたら、水も飲みにくいし
ご飯も食べにくい、歩くのもよろよろ。。。
でも、ちゃんと慣れていってくれるし
親よりも子供たちは強いですよ。
苦しい時だから、つい相手を傷つけてしまうことを
つい言ってしまうのは、信頼してる証拠だとおもうから
落ち着いて話し合えば、必ず同じ場所にたどり着けると思います。
フランママさんがずっとずっと悩んで決めたことなんだから
時期も含めて間違ってないとおもいますよ。
だって、誰よりも一番傍にいて見てきてあげたんだから、言い訳してきたんじゃなくて、今の時期を待ってたんだと私は思います。
元気だしてくださいね。

■アニーママさんへ~■

長々と夫婦の情けない話にコメントありがとうございました<(_ _)>

お互い 違った考え方なので 話すとぶつかり合ってしまうのですねぇ・・・・。
確かに 気持ちに余裕がなかったのかもしれません。
普段なら お互い聞き流すことが出来ても・・・・・。

本当にいつもありがとうございます。 

■チャ目ママさんへ~■

長々と夫婦の情けない話にコメントありがとうございました<(_ _)>

そうなんですよねぇ・・・・
彼の気持ちもわかるんです。
本当に溺愛してるので 可哀想なフランの姿を見たくない・・・・
そうさせてしまっている自分が辛い・・・・。
って気持ちなのでしょうか・・・・

簡単に連れて帰ることが出来ないからこそ
彼には 気持ちを鬼にして フランの回復のために
我慢して欲しいと願っていたのですが・・・・

チャ目君が入院されていたとき・・・・。
やはり チャ目君も チャ目ママさんと離れたくない一心だったのですね。
骨折だと もっともっと安静にしていないといけないですもんねぇ。
チャ目ママさんも さぞお辛かったと思います。

我が家は夫婦揃って 情けない程 弱い人間なので・・・・。

こういうとき 本当に駄目駄目人間が表れちゃいますC= (-。- ) フゥー

本当に コメントありがとうございました。


■あいさんへ~■

長々と夫婦の情けない話にコメントありがとうございました<(_ _)>

そうなんですよねぇ。。。。
飼い主の私が 心を鬼にして 今の一番を考えないといけないのに・・・・
彼の言動に振り回されて落ち込んだり 腹をたてたりしていては・・・
だから 彼も余計にハラハラしていたのかもしれません。

今日はやはり私に原因があったのだと思えるようになりました。

きっときっと フランの方が強いと思います。
痛みにも 耐えているし・・・・。
よっぽど私たち夫婦の方が 周りで大騒ぎしています・・・・。

本当に情けない話を記事にしてしまって・・・・ヾ(_ _。)ハンセイ…

そして 『言い訳してきたんじゃなくて、今の時期を待ってたんだと。。。。。』って書いて頂いた所では 
本当に救われる思いでした。

いつも本当にありがとうございます。

はじめまして。いつもかわいい3わんを見させていただくばかりでコメントは初めてです。特に先日の娘さんの制作展の記事を見て高校の後輩さんなんじゃないかな?なんて親近感が沸いていました。
Mダックスの男の子(ロミオ)と暮らしているゅぅと申します
ドッグサパさんのリンクから飛んできて毎日楽しみに読ませていただいていました。

フランママさんとパパさんの言い分も考え方もすごくフランちゃんが大切な気持ちが伝わってきて、うまく言えませんがやっぱりお二人ともフランちゃんを想っての衝突なんだなって感じました
偉そうに応援したりアドバイスなんてできませんが、どうかフランちゃんが元気になれること、フランママさんとパパさんに笑顔が戻ることを祈っています。

長々と偉そうにすみません。

■ゅぅさんへ~■

はじめまして、こんにちは。

そして・・・・・
長々と夫婦の情けない話にコメントありがとうございました<(_ _)>

娘の先輩に???
卒業制作の展示を県美術館でする デザイン科の先輩なんですねぇ(*^m^*) ムフッ

折角 SUPPAさんのリンクから来て下さっていたのに
この数日 ムカムカするくらい 情けなくお恥ずかしい事ばかりで ごめんなさいね~(〃゜д゜;A アセアセ・・・

確かに お互いの考え方は違っても 私たち夫婦は それぞれにフランの事を・・・っと思っての事 言い争いだったのだとは思うのですが。

彼はちょっとずれているような気もするのですよね・・・・。

でも 本当に温かいコメント ありがとうございました。

非公開コメント

●profile●

Franc'mama

  • Author:Franc'mama
  • ★☆★Franc(フラン)★☆★
    *birthday * 2004/5/26
    * color * black
    * sex * ♀

    ★☆★Robin(ロビン)★☆★
    *birthday * 2005/10/11
    * color * Brown
    * sex * ♀

    ★☆★Canon(カノン)★☆★
    *birthday * 2006/9/14
    * color * Red
    * sex * ♀
●Capricious update●

●counter●

●calendar●
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
●Latest Entry●
●Latest Entry&coments●
●BBS●

●blog list●
●monthly archives●
●category archives●
●mail●

名前:
メール:
件名:
本文:

●friend application form●

この人とブロともになる

●Link●
●favorite dog's shop●
●retrieval in blog●
●RSS feeding●
●QR code●
QR
●all articles are displayed●

全ての記事を表示する

●cool dog site of the day japan●
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。